30歳の男がペニスを大きくするためのサイト

30歳の男がペニスを大きくするためのサイト

チンコを大きくする手術とは?

こんにちは!

  • 俺のチンコって小さすぎる気がするんだけどそのままで大丈夫なの?
  • 手術をした方がいい場合ってどんな時?
  • チンコを大きくする手術にはどんな種類があるの?

あなたは自分のチンコの大きさにこんな悩みをお持ちではありませんか。
だれでも男のシンボルたるチンコの大きさには悩むもの。
チンコの大きさひとつで持てる自信は大きく変わります。
例えば女性との夜の営みの時に、見せる彼女の顔は本気なのか、それとも演技なのか。
自分のチンコに自信がない分、演技ではなかったとしても疑ってしまって心から楽しめないのです。
今回はたくさんの人の悩みを解消する、チンコを増大させる手術についてご紹介します。

 

 

あなたに手術は必要?

増大手術はあなたの悩みを確実に解消してくれます。
ですが費用もかかりますし、立派な医療でもあるため「気軽に増大を」というわけにはいきません。
心から悩んでいて、増大させなければ自分に自信を持つことができない人に向いてます。

 

もっとカジュアルで手軽に増大させたいのなら、トレーニングや食事になどの生活習慣の改善、サプリなどを使った地道な活動がおすすめです。
それでも手術を受けたいと思っている場合にのみ、検討してみるのもよいかもしれません。

 

 

亀頭増大

亀頭増大手術はその名前のとおり、チンコの亀頭部分にヒアルロン酸、コラーゲン、PMMA(ポリメチルメタクリレート)などを注射することで増大させる手術です。
ヒアルロン酸などは数年で体に吸収されてしまい、もとに戻ってしまうというデメリットがありますが健康被害などには合いにくいと言えるでしょう。

 

最近ではリパスというPMMA(ポリメチルメタクリレート)を注入することで半永久的に増大状態を維持できる手術も注目されています。
いびつな形になってしまうなどのリスクがあるとされていますが、日本では今のところ被害は報告されていません。

 

 

陰茎増大

チンコの増大手術といえば陰茎増大、長径手術が一般的ですよね。
陰茎は体の中に多くの部分が隠れているので、手術によってこれを外に露出させるという手術が長径手術と呼ばれています。
手法にはひっぱり出しで靭帯に固定させるだけの切らない手術と、靭帯を切って露出させる手術の2つの種類に分けられます。
切らない手術は一時的なものなので、時間が経てば少しずつもとに戻っていくリスクがあります。
切る手術は費用がかかるものの恒久的にその状態を保てるというメリットがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る