30歳の男がペニスを大きくするためのサイト

30歳の男がペニスを大きくするためのサイト

ペニスを大きくする手術とは?

こんにちは!
・ペニスが小さすぎるんだけど何かした方がいいのかな?
・手術にはどんな種類があるの?
・しっかり大きくすることはできるのかな?

 

あなたは自分のペニスにこんな悩みをお持ちではありませんか?
ペニスの大きさが小さく、心理的に引け目や負い目を感じて自信が持てないという人はとても多いです。
ぼくもかつては自分のペニスの大きさに自信が持てずに悩んだ時期がありました。
ですがペニスの増大を実際にやってみてからは気持ちがスッキリと変わりました。
だれかに見られるのも苦ではなくなりましたし、女性との夜の時間にも自信を持てるようになりました。
思っている以上にペニスの大きさの悩みは深く、本当に悩んでいる人は仕事や日常生活にまで影響してくると言われています。
もしそんなに深い悩みを抱えているのなら、そのまま無理をせずに治すことも検討に入れたいですね。
今回はペニスを大きくするための手術についてご紹介します。

 

手術は大きさに深刻な悩みを抱えている人向け

ペニスを大きくするための方法には2つのアプローチが考えられます。
生活習慣の改善や食べ物、サプリなどによって増大させる方法と、手術によって増大させるアプローチです。
先ほどもお話したとおりあまりにも深い悩みを持っていると、直接それと関わりのないところまでに自信をなくしてしまうこともあります。
手術についてはそのように深刻な悩みを抱えている人におすすめします。

 

亀頭・カリ増大

亀頭増大手術はコラーゲン、脂肪などを注射注入することで亀頭・カリを大きくします。
内容によっても変わってきますが、物理的に物を注入することで確実な増大効果があります。
亀頭手術のメリットはしっかりと大きくなった実感が湧くことです。
なぜなら亀頭が大きくなると見た目の迫力も断然変わります。
下手に長さを求めるよりもこちらのほうがよい場合もあります。
女性が求めているのも、実は長さよりも亀頭やカリの大きさであることも多いのです。

 

陰茎増大

陰茎増大や長径手術には2つの種類があります。
ひとつは糸で陰茎をひっぱり出す切らない手術です。
ふたつめは靭帯を切ってひっぱり出す手術です。
切らない手術はあとが残らないという利点がありますが、効果のある年数に限界があります。
切る手術の場合は半永久的に効果があります。
予算は倍ほど変わりますが、効果だけを考えるなら切る手術のほうがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ
メニュー

先頭へ戻る