インプラント治療が難しいとされる最大の訳

インプラント治療が難しいとされる最大の訳は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しないといけないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、骨を大きく削り直すことになります。インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。口を開けたところを見ればブリッジよりインプラントの方が優っていると考えられます。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らないといけないというのが痛いところです。入れ歯の装着に違和感があるという方、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって適用されるのがインプラント治療です。外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつける治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが入れ歯よりも周りにわかりにくく、自分の歯と同じように使えるので、食事もおいしいと思えます。
どうしても外見や噛み心地を追いもとめるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。ただし、問題なく医療費控除を受けられます。医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告(税金に関する申請手続きのことで、所得税額を確定させることを指すことが多いです)をして税金の還付を申告します。
確定申告(税金に関する申請手続きのことで、所得税額を確定させることを指すことが多いです)で忘れてはならないのは歯科医で発行した領収書は必ず要求されるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、他の医療費と共に、1年分をもれなく保管してちょーだい。インプラント治療も万能ではなく、基本的には各種の事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの訳でインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。インプラントと入れ歯がどうちがうかというと、インプラントは噛み心地は自分の歯に近く食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、まだ定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間トラブルなく使うことも可能ですが、セルフケアの手を緩めると歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。
別の原因が隠れていることもあり得るため、インプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することを心がけてちょーだい。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事なのです。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すことを忘れないでちょーだい。美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療におもったよりの危険が伴います。

ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないのでまずは歯科医にすべて話しておきましょう。